MOMOのBLゲー等感想。

ボブゲの日記 今は古書店街の橋姫がマイブーム。ネタバレ配慮全くしてません。

Cocoon(コクーン)・CocoonBN(コクーンブラックノイズ)雑感

ADELTAさんのCocoonコクーン)・CocoonBNコクーンブラックノイズ)の雑感。きんとうかとCAGE CLOSEが終わったら再プレイ予定なので、細かい感想はその時に書く予定。2作合わせてフルコンプまで約15時間程度。

 

21世紀後半、関東大震災の東京。制度に選ばれた一部の人間がスカイインプラント(通称:SI)と呼ばれるマイクロチップによって管理されている世界。スキル「アーティスト」を与えられた羽島 空は、専修学校を卒業後、SI連動型マンション「コクーン」に半ば引きこもるように暮らしていた。仕事は全てネットでやりとりし、生活必需品は通販ですませ、人と会話しない日さえある。そんな閉塞した自由が、ある事件をきっかけにこじ開けられていく……(公式あらすじ)

 

 

主人公の空は共感覚(音に色が見え、他人の感情が見えてしまう)という能力を持つアーティスト。優しく真面目な性格で、他人に染まりやすい。つまり流されやすい。(玉森と正反対のタイプ)マユる=自宅に籠る事に苦痛を覚えないタイプで、自発的にはあまり外出せず、ひたすら創作活動に没頭する…とオタクなら彼のライフスタイルに共感しがちだと思う。私は素直に羨ましい。

 

CocoonはADELTAさんの処女作ということで、確かにゲームの完成度的には粗い部分があったように思う。セーブ画面で右クリすると100%フリーズしたり、BGMのバリエーションが少なかったり、シナリオの山場がなくやや単調な印象だったり等。でもdisk2のCocoonBNではそれらの欠点がほぼ解消されていて、マザー側の人間(鏡・八代)、逆に唯一マザーやSIと無関係の一般人・鷹宮が攻略対象になり、&ラスボス的存在の義正の出番も増えて一気に世界観に深みが増したというか、単純に前作と比較してめちゃくちゃクオリティが上がってた。ついでにラブシーンの糖度もアップしており、BNはどのCPも激萌えしてしまった…。特にラストに攻略した鷹宮にはプレイ中何度も萌え殺された。本当にありがとうございます。2作とも彩人が非攻略対象だったのが少し惜しいけど、もし攻略対象だったら一人だけ異様にキャラが濃すぎて大惨事になりそうだから、BAD要員で丁度良かったのかも…。笑

 

世界観からスチルの塗り方、キャラクター設定の何から何まで「古書店街の橋姫」とは正反対のカッチリした近未来的な作品でした。BGMも落ち着いたカフェかバーで流れそうなしっとりしたピアノ曲メインでとても良かった。(BNタイトル画面の曲と鷹宮のテーマ?がお気に入り)橋姫の時は文学作品のような文体だったけど、本作は割と普通の文体。今回CocoonとCocoonBNをプレイして、改めて私はくろさわさんの作る世界観やテキストが大好きだなぁと…。濡れ場の表現やシチュエーション、一つ一つの要素がもう好きとしか言えない……。あと、橋姫よりも攻めた性癖が色々と盛り込まれていたのも◎。ショタ攻やNTR・母乳プレイ等。くろさわさんには全幅の信頼を置いているので、新作のウウウルトラCや橋姫FDが大変楽しみです。